グループトークサーバー Station GTS216

B+COM(ビーコム)Station GTS216:最大6人までの同時に会話。しかもナビ・音楽・レーダー等も皆で聞ける

(03)5483-1711
+
音がいいで評判のビーコムから、最新モデルSB5Xを発売中!次世代デュアルBluetoothシステム搭載
B+COM SB5X

ツーリング:B+COM(ビーコム)グループトークサーバー Station GTS216

B+COM(ビーコム)Station GTS216:最大6人までの同時に会話。しかもナビ・音楽・レーダー等も皆で聞ける

グループトークサーバー Station GTS216

B+COM Stationとは、B+COM SB4X/SB213.EVO/SB213でご使用出来る「B+COM通話回線」を利用して、複数人での同時通話を可能にする、グループトーク用サーバーです。 更にアナログ入力ラインを搭載しており、「ナビ、音楽、レーダー」等も複数人同時に、喋りながら聞くことも可能にする、画期的なアイテムです。

グループトークを実現できれば、バイクツーリングは、また一層と楽しいものになる。」

私達はそう考え、開発の構想に入ったのは、実に3年以上前のことでした。今では一部の他社製品で、Bluetooth式インカム本体だけで、グループトークが可能と謳われているものもありますが、実はB+COMでも、理論上は同じことが言えました。

ただテストを重ね、ハードとソフトの処理スペックを追求していくうちに、インカム本体だけでそれを行うのは、通信が途中でハングしてしまうなど、キャパオーバーになる可能性を含んでおり、どうしても現実的ではないと判断し、実用性を重視して、サインハウスとしては、サーバー製品として別に用意するという手法で開発を進めて参りました。

サインハウスから2つのお願い

1. 「Station マスターの心得」を必ずお読みください


今回の発売に至るまで、実に延べ1万キロに及ぶテスト走行を、6人で数十回も繰り返し行い、それこそ豪雨の中、猛暑の中、極寒の中、走れる限りトライをしてきました。その中で、色んな想定外のことに遭遇しながらも、グループトークを円滑に楽しむための色んな確認・注意事項や操作ルールなどを、確立する必要性に気付きました。

例えばグループトークは、インカムマイクを通じて、最大同時6人の会話を受信し、伝達しているわけですが、例えば誰か1人でも、マイクの装着方法が不適切で、不快な風切り音を無意味に拾ってしまっていたとしても、それを漏れなく他のライダーにも伝えてしまうことになります。つまり皆が快適にグループトークを楽しめるためには、各人が予め気をつけるべきことも出てくるわけです。

そういった内容を、現時点のテストツーリングから研究し、情報をまとめたのが、「Station マスターの心得」です。本製品を購入された方は、必ずご使用前にお読みください。またご購入前の方でも、必要知識を事前に習得頂くことで、円滑なツーリングを実現するための第一歩になると思います。

「Station マスターの心得」はこちら >>>

2. 「グループトーク」をより快適にするために、皆様のご協力とご理解をお願いしたい


上述のように、弊社としては可能な限り、過酷なテストを重ねてきましたが、それでもやはり限られたテスト環境下から得られた情報をベースにしていることには違いありません。より一層、成熟度を高めていくためには、やはりユーザーの皆様からの様々なフィードバックを頂き、その貴重な情報を元に製品開発に生かすと共に、「Station マスターの心得」の精度を一層高め、共有していくことこそが、一番の近道であることは間違えありません。

サインハウスは、「バイク乗りによるバイク乗りのための会社」です。そして挑戦し続ける会社です。ゴールも志も、常に高く設定し、努力を惜しみません。「革新的なバイクライフの創造」をテーマに、これからも業界のパイオニアとして、走り続ける覚悟でおります。

その過程で、ユーザーの皆様にはご不便やストレスを与えてしまうかもしれません。そのことは常に、心苦しく思っています。ただもしも、我が社が目指すものにご賛同頂けるなら、厳しいご指摘も含め、ご協力、ご理解をお願いできれば幸いです。 Stationに関する、フィードバックやご指摘、不具合報告などは、「Station マスター管理NOTE」をご利用ください。

「Station マスター管理NOTE」のダウンロードはこちら >>>

グループトークサーバー Station GTS216 機能説明

B+COM(ビーコム)グループトークサーバー Station GTS216

B+COM SB213.EVOやSB213のBluetoothインカムと接続することにより、推奨5人、最大6人でグループ通話可能となる、グループ通話用サーバーです。

※B+COM Stationを介した同時通話は、SB4X、SB213.EVOとSB213のみ可能となります。

※B+COM Stationでグループ通話を行う場合は、インカム端末側で携帯やトランスミッター等、他の機器との接続はお控えください。
通信不安定になる可能性があります。(2011/11/30現在)

本体のボタンは操作しやすい大きいボタンを採用し、パワーボタンと接続するチャンネル(クライアント)をセレクトするボタンの2ボタン式。 B+COM Stationは、グループ同時通話のみならず、本体に設けられた3.5mmステレオミニプラグ型のオーディオライン入力により通話をしながらStationをヘッドホンJACへ接続したオーディオ機器の音声を通話をしながら聞くことが可能です。ただし、音声はモノラル音声となります。

グループトークサーバー Station GTS216 接続方法

B+COM(ビーコム)グループトークサーバー Station GTS216

B+COM Stationは、バッテリーを内蔵しておりません。そのためUSB接続での外部電源が必要となります。別売のB+COM Station&DUALトランスミッター専用のパワーケーブルをお買い求め頂くか、 市販のUSBバッテリーパック(使用できないものもございます)をご使用ください。

また、他社製の5V-USBパワーケーブルを電源として使用することは可能ですが、グランドループによるノイズが発生する恐れがあります。 (もちろん発生するノイズは、接続する全員へノイズ音として聞こえます。)

※他社製電源の場合、異常電源の出力が予測されることから機器の保証ができません。

B+COM Stationは、ハンドル回りに取り付けします。Stationの裏側には面ファスナーのオスが、予め貼り付けてあります。 付属の面ファスナーだけで車体へ装着も可能ですが、限られた車種にしか取り付けできないことが予想されます。

サインハウスマウントシステムでは、B+COM Station専用に「A-33」にてAパーツ(M8シリーズ)を発売いたします。 A-33には、予め面ファスナーのメスが貼り付けてありますので、B+COM StationをA-33へそのまま取り付け(貼り付け)するだけで、強力な面ファスナーで固定されます。

※ただし落下防止ストラップは、必ず使用してください。

別途、ナビなどをマウントし、ナビのイヤホン端子にStationのステレオミニプラグを接続すれば、みんなで音声が聞けます。ただし、50cm程度の延長ケーブルを使用する必要があります。 また、複数の音声を同時に聞きたい場合は、発売中のB+COM MIXTUREをに複数機器を接続して、MIXTUREのラインアウトにB+COM Stationのオーディオプラグを接続してください。

グループトークサーバー Station GTS216 仕様

Bluetooth:
bcom line
Ver.2.1+EDR
bcom line
ポート数:
bcom line
6ポート
bcom line
チップ:
bcom line
CSR BC05MM オリジナル6チャンネルタイプ
bcom line
バッテリー:
bcom line
無し(要USB接続による外部電源)
bcom line
本体サイズ:
bcom line
180×135×60 ※単位mm
bcom line
電波仕様:
bcom line
キャリア周波数 2.402〜2.480GHz データ伝送速度3Mbps(最大)
bcom line
電波到達範囲:
bcom line
約100m
bcom line
防水:
bcom line
IPX5レベル(防滴)
bcom line
Set内容 :
bcom line
    Station本体(品番:00073011)
  • アンテナ× 2
  • 貼り付け用面ファスナー × 1
  • PCデータ接続用ケーブル× 1(UPD時以外は使用しない)
  • ユーザーズマニュアル(保証書)× 1

サインハウス B+COM
(ビーコム)

Bluetooth Station GTS216
グループトークサーバー
品番: 00073011
価格: ¥30,000(税抜)

B+COM Station GTS216

B+COM Stationサポート・ダウンロード情報

B+COM Station GTS216 保証

保証期間:
bcom line
保証書に記載(もしくは相当するもの添付)のご購入日より1年間
bcom line
保証規定:
bcom line
保証期間内に製品の製造上の不良または材質の不良が発生した場合、弊社の判断で、無償修理、製品の交換もしくは同等品への交換を行います。 ただし本製品の使用上の誤りや事故、あるいは不当な修理や改造による故障の場合には保証範囲外となります。 また天災による故障の場合にも保証範囲外となります。

本製品の故障による付随的および間接的な障害(事故、傷害、利益の損失、時間の損失、不便の発生等)に関しましては、一切の責任を負いかねます。

送付中の製品破損を防ぐため、送付する際には梱包材を十分に使用してください。
製品を送付する際には必ず下記の情報を添付してください。添付なき場合は無効となります。
  1. 購入日が書かれ販売店の押印がされた保証書
  2. 送付内容(製品の種類と数量)
  3. お客様のお名前と電話番号
  4. 送付理由および故障内容
  5. 返送先のご住所
保証対応の内訳は、お客様からご送付いただいた製品の状態を見て判断させていただきますが、保証規定に従い保証期間内であっても有償となる場合があります。あらかじめご了承ください。

B+COM(ビーコム)ご購入情報

聴きトーク機能実装のSB5Xがついに登場!

B+COM (ビーコム)Bluetooth (ブルートゥース)バイクインカム

バイク用品の取扱店はこちら>>>

今すぐB+COM (ビーコム)Bluetooth (ブルートゥース)
バイクインカムが欲しい方はこちら>>>

(3184のオンラインショップ)

Scroll