B+COM(ビーコム)ワイヤレス インカムの魅力

バイク乗りの新常識。B+COM(ビーコム)ことBluetooth(ブルートゥース)対応ワイヤレス・インカムでこんな事ができる!

(03)5483-1711
+
音がいいで評判のビーコムから、最新モデルSB5Xを発売中!次世代デュアルBluetoothシステム搭載
B+COM SB5X

「B+COMなら音楽・ラジオ・ナビ・レーダー音声もワイヤレスで聴ける」

音楽やラジオやナビ・レーダー音声を、ワイヤレスで聴きながら走る

退屈で閉ざされた走行時間、
好きな音楽やナビ音声も聴きたい!

走行中に音楽やナビ音声を迫力のステレオ高音質のスピーカーによって楽しむことができます。接続する機材によってはナビの音声やレーダー探知機の警報を聴き逃しません。

iPhone、iPod、スマートフォンやBluetooth対応ミュージックプレーヤーなら、そのままワイヤレスで、気持ちいい音で音楽が楽しめます。 バイクナビ音声もハッキリ聴き取れます。また、Bluetoothが非搭載の機器も、Bluetoothトランスミッターを接続することで音声聴取可能です。

著作権保護プロテクト付きの音楽(SCMS-T)にも対応しているので、音楽ケータイでダウンロードしたそれら音楽ファイルも、その場ですぐにワイヤレスで楽しめます。音楽を聴いている時でも着信が入れば音楽を自動ミュート。 ほとんどの機種では通話を切れば自動で音楽に復帰するので安全運転の妨げにもなりません。

高音質サウンドをB+COM(ビーコム)で楽しむ使い方はこちら >>>

必要なアイテムはこちら >>>

「B+COMならタンデム・ペアツーリングで話せる」

ワイヤレスインカムで、タンデムやペアツーリングでの会話を楽しむ

後ろに乗せた彼女や家族や、一緒に走る
仲間と会話をしながら楽しく走りたい!

風や排気音に負けない大声を出さなくてもタンデムツーリングやペアでのツーリング時にパートナーとの会話を楽しむことが出来ます。

高速域でもノイズキャンセリング回路によるデジタル処理でクリアな音声を保ち、最大通信距離1.4kmのパワー(SB4X以降)で離れた仲間とも楽々コミュニケーション。ツーリングで威力を発揮します。

2人でB+COM(ビーコム)で楽しむ使い方はこちら >>>

必要なアイテムはこちら >>>

「B+COMなら聴きながら話せる(聴きトーク)」

音声を聴きながら、仲間とワイヤレス インカムで会話を楽しむ

好きな音楽やラジオやナビ・レーダー音声を聴きつつ、会話もしながら走りたい!

これまでのワイヤレスインカムは、「ナビや音楽を聴く」、「インカムで会話する」などの機能は、切り替えてしか使えず、例えばインカム会話中は音楽やナビの音声案内を聴くことができませんでした。 最新モデルSB5Xから備わった「聴きトーク」機能では、音楽やナビ音声を聴きながら、切り替える必要もなく話せるようになりました。なお別売のグループトークサーバー(B+COM Media Server、B+COM Station)でも「聴きトーク」を、音声共有の「グループ聴きトーク」として実現できます。

なお聴きながら話せる「聴きトーク」機能は、サインハウスが業界に先駆けて、B+COM Stationにて実現していたものです。これからの新しい形として、ツーリングの世界に再び革命を起こすことになるでしょう。

「聴きトーク」や「グループ聴きトーク」のもっと詳しい説明はこちら >>>

B+COM(ビーコム)で聴きトークの使い方はこちら >>>

B+COM(ビーコム)でグループ聴きトークはこちら >>>

「聴きトーク」に必要なアイテムはこちら >>>

「グループ聴きトーク」に必要なアイテムはこちら >>>

「B+COMならみんなとも話せる」

B+COM SB4X以降のモデルなら4人同時通話、
別売のメディアサーバーで最大3人、ステーションなら
最大6人で会話を楽しむ

ツーリング仲間たちと、わいわい話しながら楽しく走りたい!

SB5XやSB4Xでは、本体のみで4人まで会話を楽しめます。仮に1人だけがSB5XもしくはSB4Xで他2人がSB213.EVOを持っていても、3人でも会話できるようになります。(※通信距離、通話品質は劣ります。)

更に別売のB+COM Media Server(メディアサーバー)もしくはB+COM Station(グループトークサーバー)があれば、ツーリング仲間達と、最大6人まで同時会話できます。 また、B+COM Stationに搭載されている外部入力ラインを使用すれば、ナビやレーダーの音声をグループでシェアすることも可能になり、ナビの音声を聞きながら、会話をする事が可能です。

また、インカム通話チャンネルを応用すれば、1つはインカム同士(1対1の通話)、もう1つは、B+COM Media ServerまたはB+COM Station(グループ通話)を登録できます。

例えばタンデムの相手や親しい相手とは、通常のインカムチャンネルでじっくりと会話しつつ、連絡事項も含め、たまに必要なときだけグループでも会話する、 なんていう使い方もできます。

インカムB+COM(ビーコム)があるとこんなに便利なシーンはこちら >>>

グループでB+COM(ビーコム)を楽しむ使い方はこちら >>>

必要なアイテムはこちら >>>

「B+COMならいつでも携帯にもつながる」

バイク運転中でも
ハンズフリーで携帯通話

大切な人からの電話、
バイクを運転しながらでも直ぐに話したい!

B+COM(ビーコム)インカムはBluetoothワイヤレス接続なのでマイクコードが不要です。バイク専用設計で市販ハンズフリーマイクにはない使いやすさを追求しました。ストレスなく安全に通話が可能です。

携帯電話にコード接続する必要がないので、ポケットやカバンに突っ込んだままでも大丈夫。 いつもの携帯電話を使って着信、終話、リダイヤルの各操作はB+COMのボタンからでOK。ソフトバンクなどの無料通話端末を組み合わせれば、通話料を気にすることなくトランシーバー感覚でトーク。携帯電話の圏内であれば遠距離通話でも無料。

風切り音を拾い難い特殊マイクとノイズリダクション回路で、スムーズに会話でき、一般ライダーはもちろん、バイク移動が多いビジネスマン、バイク便ライダーなど、仕事にバイクを利用する方にも最適です。

携帯電話とB+COM(ビーコム)の便利な使い方はこちら >>>

必要なアイテムはこちら >>>

「B+COMならアマチュア無線ともつながる」

アマチュア無線機を使用した
グループ通話を楽しむ

スタンダード社アマチュア無線機FTM-10S
多彩な機能をワイヤレスで楽しむ

人気のアマチュア無線機「FTM-10S」にオプションBluetoothユニットを装備してB+COMとペアリングすると・・・

グループツーリング等でのトランシーバー会話、タンデムでのインカム通話(FTM-10Sのインカム機能)、AM/FMラジオ・音楽プレーヤーやナビを二人でリスニング

音楽やラジオをBGMにインカム通話といった「FTM-10S」の多彩な機能をお楽しみいただけます。

アマチュア無線とB+COM(ビーコム)の便利な使い方はこちら >>>

ビーコム関連の動画

ビーコムの関連動画や再現ドラマなどをご紹介します。

ビーコム愛用者様からの面白アイデアを元に、再現ドラマを作ってみました!

B+COM(ビーコム)ご購入情報

聴きトーク機能実装のSB5Xがついに登場!

B+COM (ビーコム)Bluetooth (ブルートゥース)バイクインカム

バイク用品の取扱店はこちら>>>

今すぐB+COM (ビーコム)Bluetooth (ブルートゥース)
バイクインカムが欲しい方はこちら>>>

(3184のオンラインショップ)

Scroll