話題のサインハウス バイク レーダー サイトをオープンしました!

サインハウス バイク レーダー探知機SH001Rの特徴

バイク専用設計のレーダー探知機
バイク用に防滴液晶ディスプレイと防滴アンテナを開発
2.2インチiPS液晶ディスプレイで音だけではなく視覚的な警報
GPS及びレーダー探知ソフトはユピテル社製
GPS及びレーダー探知ソフトはユピテル社製「Super Cat」
他社とは比較にならない圧倒的なGPSデータの鮮度と精度
17バンド受信。誤警報自動低減機能
様々なタイプの無線をキャッチし、万全の警告案内
誤警報を手動操作なしで自動低減する学習機能
安全運転の強力サポート
通常のレーダー探知機能以外に事故多発エリアも警告

さらに詳しい特徴はこちら>>
Top

レーダー探知機とは


道交法違反の30%がスピード違反によるものです。制限速度を守らない人を捕まえるために「速度取締り」があり、スピード違反中の車やバイクの速度を測定するのに、自動速度取締り装置(オービス)からレーダー波を発したり、路上に速度測定器を設置したり、パトカーや白バイなどが後方を追尾して、一定時間同じ速度で走行することで速度を測定して取り締まる方式があります。

「レーダー探知機」は、この速度取締りのレーダー波をキャッチしたり、GPSにより予め速度取締り区間を察知したり、緊急車両などの無線をキャッチして、事前にライダーに警告して、安全運転をサポートする機器です。

勿論、「スピード違反」は絶対にすべきではありません。ですから、「うっかりスピードの出し過ぎ」を抑制するのに、「レーダー探知機」は非常に有用です。また安全運転という観点では、「走行中の流れ」というものが存在するため、必ずしもただ制限速度を守っていれば安全運転になるというわけでもありません。また自分の前方を走っているバイクや車が、速度取締りに急に反応して急ブレーキを掛けることもあります。そうした予期せぬ状況にも余裕をもって対応できるよう、レーダー探知機は活用されています。

Top

サインハウス バイク レーダー探知機SH001Rはこのように働く

通常の待ち受け画面から、ターゲット(速度取締りの機器やパトカー等の存在、事故多発エリアなど警告対象)を探知すると自動でレーダースコープ画面に切り替わり、更にターゲットが近くなると警報画面に切り替わります。

多彩な識別機能で複合的に状況を把握

ユピテルの独自通信技術で、様々な無線やレーダーを探知し、周囲がどんな状況になっているかを総合的に判断し、 レーダー探知機本体がシュミレートした状況をライダーに迅速且つ適切に報告します。

 

レーダー波をキャッチ

オービスやステルス波など、速度取締り用に発せられる様々なレーダー波を探知して、事前に警報します。

レーダー オービス

無線電波をキャッチ

警察車両や救急車両の無線やカーロケ無線等を探知して、近辺の状況を警報します。

デジタル無線
 

GPSによる把握

レーダーを発しない取締り機の存在や事故多発地帯など近辺の状況を警報します。

オービス ループコイル

シュミレーション

無線受信状態を総合的に判断し、検問など周辺でどのような状況が起こっているのかを適切にお知らせします。

取締シグナル無線
Top

サインハウス バイク レーダー探知機SH001R 本体取付イメージ



各画像はクリックで拡大します

バイクへの装置にはサインハウス マウントシステムをご利用ください。
マウントシステムの詳細はこちら>>

Top

バイク レーダー探知機 よくある質問

Q1. レーダー探知機を使うと違法にならないの?

はい、なりません。レーダー探知機は合法です。

そもそもサインハウス バイク レーダー探知機は、あくまで安全運転をサポートするための機器であり、スピードの出し過ぎなど危険行為を助長するものではありません。勿論、ご購入、取付、ご使用に関しても法律上、全く問題ございません。電波の受信に関しても、それが公共の電波であるため完全に合法であり、特定の相手に対する通信にも該当しないため、盗聴などの法に触れることもございません。

Q2. どんな情報を知らせてくれるの?

速度取締りのために発せられる様々なレーダー波や、警察車両や消防車両などから発せられる無線電波を探知して、 近辺の速度取締り状況や警察の位置などを分かりやすく示してくれます。更にレーダー波や電波として感知できないものに関しても、予め登録されている精度の高いGPSデータに基づき、適切にライダーへ案内してくれます。

Q3. 自動ドアなどに反応してウルサイと聞いたのですが?

サインハウス バイクレーダーならば、ご心配ありません。

サインハウス バイク レーダー探知機は、業界No1の技術と実績を誇るユピテル社の技術を採用しており、 市街地を通る度に自動ドアや防犯システムに反応して誤警報を出してしまい、ドライバーを煩わせていた従来品とは一線を画すものです。 更に誤警報を自動的に低減する機能や、反対車線のレーダー波を判別する機能も搭載しています。

Q4. GPSデータが古くなったらどうするの?

勿論GPSデータは鮮度、精度が命です。古いGPSデータでは、バイク レーダー探知機の本来の威力を発揮できません。 ところが、他社製ではメーカーに探知機本体を送付しなければならないなど、コストや手間が掛かるケースが多い上、データ精度が劣るものが多く出回っています。(また郵送する場合、手元に戻ってくるまでの間、勿論レーダーは使えません。)サインハウス バイクレーダー探知機は、業界No.1のユピテル社の技術をベースにしており、機器を送る必要もなく、業界一精度の高いGPSデータが手軽に更新できるという強みがあります。



Top

サインハウス バイク レーダー探知機SH001Rの機能概要

※用語の意味が分からない場合は、下記の「バイク レーダー探知機 用語早分かり」のセクションをご参考にしてください。

バイク レーダー探知機SH001R機能Index
Top

バイク レーダー探知機 用語早分かり

GPS識別関連


オービス

無人式速度取締り装置。制限速度を大きくオーバーして走る車やバイクを自動で写真撮影する機械。

レーダー式オービス

取締りレーダー波をバイクや車に向けて発射して速度を測定し、スピード違反車両をフィルム式カメラで撮影するオービス。

ループコイル

道路にループ式コイルを埋め込み、その上を通過する時間から速度を測定し違反車両をフィルム式カメラで撮影するオービス。
レーダー式ではないので、GPS付きレーダー探知機のGPS情報でのみ対応可能。

LHシステム

速度の測定方法はループコイル式と同様のオービス。
但しCCDカメラで撮影し警察本部へ電送されるので、フィルム切れがない。
レーダー式ではないので、GPS付きレーダー探知機のGPS情報でのみ対応可能。

新Hシステム

レーダー式オービスよりも少しだけレーダー波がキャッチし難いオービス。
CCDカメラで撮影し警察本部へ電送されるのでフィルム切れがない。

Nシステム

ナンバープレート読み取り装置の略。
バイクや車のナンバープレートからその登録情報を自動的に読み取り警察本部へ電送。犯罪操作などに利用。


レーダー波識別関連


通常レーダー波

レーダー波を使った無人速度取締に使用。一般的なオービスで使用される電波。

ステルス波

レーダー波を使った有人速度取締に使用。
レーダーを出し続けるのではなく、測定したい瞬間だけレーダーを発することで、感知され難くしたもの。

新Hシステム波

レーダー波を使った無人速度取締に使用。
一般的なオービスと異なる電波を発することで、感知され難くしたもの。


無線バンド識別関連


カーロケ(カーロケーターシステム)

一部の警察車両に積まれてる警察本部に現在位置を教えるシステム。
この通信無線をレーダー探知機がキャッチして、近くに警察車両がいるかどうかを知ることが可能。

取締無線

取締現場でよく使われてる無線。その周波数は350.1MHz。
この通信無線をレーダー探知機がキャッチして、近くに警察車両がいるかどうかを知ることが可能。

取締特小無線

取締現場でたまに使われてる無線。
この通信無線をレーダー探知機がキャッチして、近くに警察車両がいるかどうかを知ることが可能。

デジタル無線

警察車両が警察署と連絡を取り合うための無線。
この通信無線をレーダー探知機がキャッチして、近くに警察車両がいるかどうかを知ることが可能。

W.I.D.E(ワイド)無線

警察用の携帯電話のようなもの。
この通信無線をレーダー探知機がキャッチして、近くに警察車両がいるかどうかを知ることが可能。


バンド関連


Xバンド

現在、速度取締に使われるレーダーの周波数。

Kバンド

現在では速度取締に使われてないレーダーの周波数。


Top

バイク レーダー取り扱いショップ一覧

ついに登場!
バイクに理想の本格派バイク レーダー。

バイク用品の取扱店はこちら>>>

Top