ビーコム Bluetooth インカムFAQ

B+COM(ビーコム)ことBluetooth(ブルートゥース)対応ワイヤレス・インカムの質問集

(03)5483-1711
+
音がいいで評判のビーコムから、最新モデルSB6Xが登場!
B+COM SB6X

バイク用インカム:ビーコム Bluetooth インカムFAQ

B+COM(ビーコム)ことBluetooth(ブルートゥース)対応ワイヤレス・インカムのよくある質問。トラブルシューティングなど

FAQでギモンを解決!
B+COM のよくあるご質問・お問い合わせにお答えします

良くあるご質問PICK UP!

下記の様な場合は、取扱い説明書、クイックマニュアルをもう一度ご確認ください。それでも解決しないときは、保証書に記載されている連絡先までお問い合わせください。

B+COM同士でペアリングができません…

以下のSTEPを参考に進めて下さい。

  1. 付属のマニュアルを参考にペアリング(初期登録)のボタン操作を再度ご確認ください。
  2. 電波干渉の可能性がございます。周囲にWi-FiやBluetooth無線が無い環境で再度お試しください。
  3. B+COM及び接続機器の再起動をお試しください。
  4. B+COM及び接続機器の登録情報リセット操作を行い、再度ペアリング(初期登録)をお試しください。(付属のマニュアル参照)
  5. 上記@〜Cをお試し頂き、なおも症状に変化がない場合、本体故障の可能性が御座います。お手数ですが弊社電話窓口にご相談下さい。

  • SB4X/SB4XliteとSB5Xを交えて接続する場合、SB4X/SB4Xliteを「モードB」にする必要がございます。
    (電源オン状態でデバイスボタンを押しながらボリュームダイヤルを上に4秒間)
  • SB6Xは旧モデル:SB201、SB213、SB213.EVOと接続できません。

デバイスとペアリングができません…

以下のSTEPを参考に進めて下さい。

  1. B+COM及び接続機器の再起動をお試しください。
  2. B+COM及び接続機器のリセットを行い、再度ペアリングをお試しください。

  • B+COMとデバイスを接続する際には、
    B+COM1ボタン、B+COM2ボタンで行う、インカム通話時の「ペアリングモード」とは操作が異なり、
    デバイスボタンを操作しての「デバイスペアリングモード」にて行います。
  • 電波干渉を避けるため、携帯電話のWi-Fi機能はオフにしてください。
  • B+COMのプログラムは常に最新のものをご使用ください。
    過去バージョンがインストールされていた場合は、アップデートを行ってください。
    アップデートプログラムはこちら

電源が入りません…

電源が入らない場合、以下をご確認ください。

  • 付属マニュアルにて、電源オン時の操作方法をご確認下さい。
    SB213.EVO/MUSIC……「デバイスボタンを長押し」
    SB4X/SB4Xlite/SB5X…「デバイスボタンをクリックしたまま、2秒間ダイヤルを上に回す」
  • 通信ケーブルを接続したまま充電をされますと、B+COMはアップデートを待機する状態になり、
    電源を入れる等の操作を一切受け付けなくなります。
    その場合は、通信ケーブルを取り外し、巻き取り式の充電リールケーブルのみで充電を行って頂くことで、
    操作ができない状態を解除できます。
  • B+COMは「DC5V」の規格にて充電が可能です。
    もしご使用されている充電ケーブルやチャージャーが上記規格外であったり、
    出力不良、接触不良が発生していた場合には、動作に支障をきたす恐れがございます。
充電ができません…

B+COM SB5X/SB4X liteの充電時の動作は以下の通りです。

  • 充電中 ⇒ 赤色LED点灯
  • 充電完了 ⇒ 青色LED点灯

充電は約2時間で完了します。
※充電時間はバッテリー残量、バッテリーの経年劣化等により多少変化する場合があります。

充電ケーブルの抜き差しを行ってもLEDの点灯パターンが変化しない場合、本体故障の可能性が御座います。
お手数ですが弊社電話窓口にご相談下さい。

ノイズ、音途切れがします…

B+COMが使用するBluetooth通信は、2.4GHz帯を使用しており、
この周波数帯を使用する機器は、Wi-Fiや特定小電力無線等多数の製品が御座います。
その為、その他の電波障害により、通信に影響を与えている可能性も考えられます。
その他にも強い電波(タクシー無線等)や、高電線でも障害になる可能性が御座います。

Bluetooth通信は金属、水分(人体が含む水分)、他の電波等多くの影響を受け、
電波強度が減衰する為、シート下の収納スペースや、ウエアのズボンの後ろポケット等、
B+COMとの間に遮蔽物が入る環境ですと、音飛びの原因となる可能性が御座います。

  • スマホ等の小型デバイスの場合は上着の左側ポケット、タンクバック、マウントシステムによるハンドル固定等、
    デバイスの設置位置をB+COMとの間に遮蔽物がより少ない環境に変更して頂くことで、症状の発生や頻度を抑えることが可能です。
    (望ましくない例:車体後方にあるパニアケースに収納、背負ったリュックサックの中に収納など)
  • ナビ等の大型デバイスをハンドルバー付近にお取付されている場合、
    B+COM側に近い、左側に設置して頂くことで、B+COMとの障害が少なくなり、よりBluetooth通信の安定性が向上致します。
  • スマートフォン等と接続される際には、電波干渉を避けるため、Wi-Fi機能はオフにしてください。
  • スマートフォンに金属製のケースやバンパーを装着されていた場合、Bluetoothの電波が遮られてしまう場合がございます。
通話相手の声が聞こえない…

【通話相手にこちらの声が届いていない場合】

  • 本体にマイクパーツが確実に取り付けられているかを確認してください。
  • マイクの集音側(集音ホールがある方)の向きを確認してください。

【通話相手の声が聞こえない場合】

  • ボリュームダイアルを上向きに何度か押して音量を上げてみてください。
  • ヘルメットスピーカー、スピーカー変換ケーブル、B+COM本体が正確に接続されているかを確認してください。

それでも症状が改善しない場合、本体故障の可能性が御座います。お手数ですが弊社電話窓口にご相談下さい。

走行中に音がよく聞こえない… 耳が押されて痛い…

停車中は快適に聞こえても、走ると音が聴きづらい場合や、耳が痛い場合は以下を確認、お試しください。

【スピーカーと耳は大きな隙間なく、正しくフィットしていますか?】

耳とスピーカーに隙間があると、ボリュームを挙げても聴きとりづらかったり、ノイズが大きく目立ったりします。
付属のスピーカー固定用調節パッドでスピーカーが耳にフィットするよう耳とスピーカーの隙間を調整してください。

【スピーカーは耳穴の中心に合うよう正しい位置に固定されていますか?】

耳穴の中心とスピーカーの位置が合っていないと、ボリュームを上げても本来の音量、音質で楽しめないばかりか、耳の軟骨を圧迫して苦痛を伴う場合があります。
ヘルメットを被った時にスピーカーが耳の穴中心に合わせて耳にフィットするように設置してください。以下を参考にスピーカーの取り付け位置の調整をお試しください。
スピーカー取付のコツ ヘルメット装着例


スピーカー取り付け位置(サンプル)
曲のスキップ、バックができません…

ご使用される携帯電話の機種・設定・バージョン・使用アプリによっては、
接続時の動作が異なる場合がございます。
お手元に他の携帯電話・スマートフォン等があれば、別のデバイスとの接続時の動作をご確認頂くことで、
症状発生原因の特定につながります。

以下、ご参考までに過去にご報告頂きました事例を挙げさせて頂きます。
(例)あるラジオアプリ使用時、インカム通話開始に伴う一時停止がされず、会話の音声が乱れる現象
 →他のアプリでは発生せず、アプリのアップデート後は解消
(例)ある音楽アプリ使用時、デバイスボタンでの音楽の再生/停止操作が行えず、音声も乱れる現象
 →他の音楽アプリでは発生せず

※B+COMとデバイスを接続する際には、
 B+COM1ボタン、B+COM2ボタンで行う、インカム通話時の「ペアリングモード」とは操作が異なり、
 デバイスボタンを操作しての「デバイスペアリングモード」にて行います。

アップデートができません…
  • アップデートマニュアルを再度確認し、説明に従って進めて下さい
  • 対応OSをご確認ください
  • 接続時に必要なケーブル類が揃っているか、再度ご確認ください
  • PC設定(セキュリティ強度・ドメイン管理・無線機器設定など)を見直し、可能なら全てOFFにしてください
  • どうしても原因に心当たりが無い場合、弊社にアップデートの代行をご依頼下さい。(作業料無料)
B+COMで携帯電話の着信、及び発信(リダイヤル)を操作できない…

以下をご確認ください。

  1. B+COMと携帯電話が【ペアリング済み】である事を確認して下さい。
  2. B+COM、携帯電話共に再起動してください
  3. B+COMと携帯電話が【Bluetooth接続中】である事を確認して下さい。

上記@〜Bの確認を実施しても、動作が改善されない場合は、携帯電話側のBluetooth設定変更が必要な場合が御座います。
携帯電話のBluetooth設定に下記設定項目がある場合は、下記に従って設定の確認をお願い致します。

  • 着信音送出/搬出設定:「送らない」に設定
  • 着信鳴動:「携帯のみ鳴動」に設定
  • ハンズフリー:「ハンズフリーモード」に設定
スマートフォン、携帯電話の動作確認情報

それでも症状が改善しない場合、本体故障の可能性が御座います。お手数ですが弊社電話窓口にご相談下さい。

電池の減りが早いです…

B+COMはリチウムポリマー電池というバッテリーにて駆動しております。
その電池の特性上、経年・使用回数・使用頻度等による劣化が生じます。
正常に充電を行っても残量の消耗が激しい・充電に時間がかかるなどの症状が見受けられる場合、
バッテリーのご交換が必要な可能性が考えられます。

【バッテリーの劣化を早める原因】

  • 放電したままでの長期間放置(最低でも月に1度は充電を行ってください)
  • 充電ケーブルに接続したままでの長期間放置
  • 規格外、又は出力異常の充電ケーブル、ACチャージャーとの接続

バッテリーが劣化した場合、弊社にて製品をお預かりしてのバッテリー交換修理が可能です。

検査依頼はどこに送ったらいいの?

電話窓口(03-5483-1711)にて検査依頼の旨ご一報頂き、保証書(説明書裏面)(※旧住所の場合あり)に記載されている弊社住所にご送付ください。

※弊社は2014年10月に本社を移転しております。
説明書に記載の住所が旧住所(東京都世田谷区奥沢6-19-21)の場合は、下記へ発送をお願いいたします。

新住所:〒158-0085 東京都世田谷区玉川田園調布2-9-14

弊社到着後、数日以内に検査結果のご報告をお電話にてご連絡させて頂きます。
保証範囲内の商品につきましては、お預かり期間の短縮の為、検査結果は報告書にて商品に同封し、返却させて頂きます。
お預かりの期間は時期によって変動致しますので、近日中に使用予定がある方は、必ず検査依頼の際にお伝えください。


お問い合わせ窓口はこちら

B+COM(ビーコム)ご購入情報

グループ通話が超簡単のSB6Xがついに登場!

B+COM (ビーコム)Bluetooth (ブルートゥース)バイクインカム

バイク用品の取扱店はこちら 

Scroll