新体験。聴きながら話せる、それが聴きトーク

業界で先駆けてデュアルチップを導入し、聴きトークを実現していたサインハウス

(03)5483-1711
+

聴きながら話せる、新しい体験。それが「聴きトーク」:

SB5Xから備わった、新しいバイクライフを実現する新機能。

聴きトーク

次世代の機能「聴きトーク」とは?

今までのインカムでは、出来そうで出来なかった機能

これまでのBluetoothインカムは、「ナビや音楽を聴く」、「インカム会話をする」機能はそれぞれ備わっていました。ただし、これらは切り替えてしか使えず、インカム会話中は音楽やナビの音声案内が聴くことができませんでした。

これからは、音楽やナビ音声を聴きながら話せる「聴きトーク」機能により、ツーリングの新しい世界を体験できます。

キーは業界に先駆けて採用したデュアルチップ。

サインハウスがパイオニアとして、業界で最初にB+COM Stationにて、デュアルチップを導入していた。

聴きトーク

B+COM Stationにて「聴きトーク」を最初に実現
「聴きトーク」機能搭載モデルSB5Xから更に進化

デュアルチップ(Bluetooth システムを2基搭載)にすることで、音声出力とインカム通話をマルチタスクでも安定して実現することに成功しました。

業界に先駆けてB+COM Station(グループトークサーバー)で既に実現していたサインハウス。そこでの経験を生かし、進化させた聴きながら話せる「聴きトーク」機能は、これからの新しい形です。

SB5XやSB6Xを使って「聴きトーク」を体験しよう!

B+COM SB5Xから搭載された、再びバイクライフ革命を起こすかのような新機能。

これまで(SB4Xまで)

「切り替えトーク」

スマートフォンや、Bluetoothナビ、Bluetoothオーディオトランスミッターなどは接続できるが、インカム通話中はこれらの音声が聴けませんでした。

これから(SB5X以降)

「聴きトーク」

各ライダーがSB5XやSB6Xに接続したスマホや、Bluetoothナビ、Bluetoothオーディオトランスミッターなどの、自分の好きな音楽やナビ音声を自分だけで聴きながら、仲間のライダーとインカム通話ができます。

聴きトーク
聴きトーク

Media Serverを使って「グループ聴きトーク」を体験しよう!

「聴きトーク」に「音声シェア」機能が加わった進化形。しかも旧モデルSB4XやSB213 EVOでも利用できる。

SB4X以前でも、最大3人で「聴きトーク」ができる!

「グループ聴きトーク」

各B+COMはメディアサーバーとインカム通話チャンネルでペアリング(初期登録)&接続状態にし、メディアサーバーに実装されている2つの入力端子へ、スマホやナビをケーブルで接続すれば、音声をみんなで聴きながら、インカム通話ができます。

グループ聴きトーク

ナビ音声も聴きながら話せる「聴きトーク」

もうナビの音声案内も聴き逃さない。

これまでと違い、インカムでの会話中でも、音楽やナビの音声案内を同時に聴いていられるので、安心して楽しい会話を続けながら目的地へたどり着けます。

音がいいで評判のビーコムから、最新モデルSB6Xが登場!
B+COM SB6X

B+COM(ビーコム)ご購入情報

グループ通話が超簡単のSB6Xがついに登場!

B+COM (ビーコム)Bluetooth (ブルートゥース)バイクインカム

バイク用品の取扱店はこちら 

Scroll