バイクLEDヘッドライトLED RIBBON (エルリボン) SUZUKI(スズキ)ADDRESS(アドレス)V125G取付方法

バルブPH12型タイプ

(03)5483-1711
+

LED RIBBON SUZUKI ADDRESS V125G(K5-K9) 取付説明

 〜PH12型タイプ用〜

LED RIBBON 取付説明 〜スズキ アドレス V125G (K5-K7)用〜

必ずページ下に記載の「その他の注意事項」もお読みください。

Step 1

カウルの取り外し

カウルの取り外し

はじめに車体のフロントカウル、アッパーカウルを取り外します。

Step 2

グリスの準備

グリスの準備

キットに同梱されているシリコングリスを用意します。シリコングリスは熱伝導性を高め、本来の放熱効果を発揮するために重要な役割を果たします。

Step 3

グリスの塗布

グリスの塗布

シリコングリスをヒートリボンとLEDバルブの接触面に薄く塗り広げて下さい。このとき、塗り過ぎは伝導性に悪影響を及ぼすので注意が必要です。

Step 4

リボンの取り付け&整形@

リボンの取り付け&整形@

付属のネジ4本を使ってLEDバルブにヒートリボンを取り付けます。ヒートリボンが本来の放熱性を発揮できるよう、手で形状を整えて下さい。

Step 5

リボンの取り付け&整形A

リボンの取り付け&整形A

形を整えたLEDリボンは上から見るとこのような形状になります。ドーナツ状に膨らませ、LEDバルブを包み込むような形状にします。

Step 6

純正バルブ取り外し

純正バルブ取り外し

純正バルブを取り外し、LED RIBBONのキットに付属のバルブスプリングを取り付け穴に設置します。

Step 7

リボンをカウルに取り付け

リボンをカウルに取り付け

アッパーカウルにバルブとヒートリボンを取り付けます。しっかりと嵌まっていることを確認します。

リボン下側がライトケース側のガイドに当たって入りにくい場合は、リボンをバルブから外してバルブを装着してからリボンを取り付けてください。

Step 8

ハーネスのギボシ化@

ハーネスのギボシ化@

純正のヘッドライトハーネスを切断します。車両の型式によってコネクターの有無が異なるため、上図を参考に切断する位置にご注意ください。

Step 9

ハーネスのギボシ化A

ハーネスのギボシ化A

いつでも純正バルブに戻せるよう、切り離した純正ハーネスのソケット部をギボシ化します。

Step 10

ハーネスのギボシ化B

ハーネスのギボシ化B

ギボシ加工前/加工後の純正ハーネスはこの様になります。ギボシ化できたら保管しておきます。

Step 11

ハーネスのギボシ化C

ハーネスのギボシ化C

上図を参考に、車体側の配線もギボシ化し、LEDコントローラーのギボシと接続してください。接続の際に配線の色にご注意ください。

Step 12

ハーネスのギボシ化D

ハーネスのギボシ化D

接続できました。多少の負荷でも抜けないよう、しっかりと接続できているか確認してください。

Step 13

アッパーカウルの仮組み

アッパーカウルの仮組み

バルブ後部が車体側のフレームや配線に接触しないか確認しながらアッパーカウルを仮組みします。

Step 14

アッパーカウル取り付け

アッパーカウル取り付け

アッパーカウルを嵌めこみます。取り付け確認は、ライト外側の正面からバルブを覗き込んで行います。

Step 15

バルブの確認

バルブの確認

横や正面から見てバルブが真っすぐ出ているか確認します。傾いている場合、バルブ後部が車体に接触している可能性がある為、正しく付け直してください。

Step 16

ハーネスの接続

ハーネスの接続

LEDコントローラーとLEDバルブのハーネスを接続します。

Step 17

LEDコントローラーの固定@

LEDコントローラーの固定@

LEDコントローラー固定用のスポンジ両面シートを用意します。

Step 18

LEDコントローラーの固定A

LEDコントローラーの固定A

両面シートをLEDコントローラー側面に貼り付けます。

Step 19

LEDコントローラーの固定B

LEDコントローラーの固定B

両面シートだけでなく、タイラップも併用してLEDコントローラーをフレームにしっかり固定します。

Step 20

コントローラーの配線

コントローラーの配線

LEDコントローラーの配線はなるべくフレームの内側を通して、負担が掛からないようにしましょう。

Step 21

配線の確認

配線の確認

左右にハンドルを切って、配線などに引っかかりや力が掛かっていないか確認します。問題が無ければフロントカウルを戻しましょう。

Step 22

点灯確認

点灯確認

点灯確認を行います。Hi-Low共に正しく点灯するか確認し、車体側で配光を調節します。正面よりやや下向きに照射するようにします。

完成です!

完成です!

その他の注意事項

  • 車体への取付時に、配線の噛み込みが無いよう、ご注意ください。
  • 取り付け時に配線が灯具やリボン、フレームに挟まれないようご注意ください。
  • ギボシ化の際は電工ペンチなどの専用工具でカシメて正しく装着して下さい。
  • ギボシ化の際にエレクトロタップの使用はお控えください。耐久性に問題が発生する恐れがあります。
  • LEDコントローラーの固定の際には、ビニールテープや金属性など導電性を持つものは避けてください。
  • LEDコントローラーの固定の際には、ビニールテープや金属性など導電性を持つものは避けてください。
  • LEDコントローラーはバッテリーの上に設置しないで下さい。
  • LEDコントローラーは著しく熱を持つ場所(マフラー等)に設置しないでください。故障の原因となります。
  • 点灯中のバルブ組み付けは絶対に行わないでください。
  • 作業中はLEDのレンズ部に触れないようご注意ください。触れてしまった場合は必ず脱脂して下さい。
  • 仮組み後、ハンドルを切った際に配線に力が掛かっていないか必ず確認してください。
  • Hi-Low切り替えができない場合は配線を再度見直して下さい。
  • 取付が完了したら、車両の灯具調整で配光の高さ調整を行ってください。
  • 壁面に照射して、水平より下向きになるようにします。

取扱説明書兼保証書 (PDF) 

※PH12は(株)M&Hマツシマ社の商品名であり、「PH」は同社の登録商標です。

ご購入前にサインハウスのスタッフへ相談する

各地でイベント開催中!

各販売店様の店頭でもイベントを開催しています。製品に関する様々な疑問やご質問を、ご納得頂けるまでご説明させて頂きますので、是非お立ち寄りください。

イベントで実際に体験する 

お問い合わせはこちら!

ご購入前の相談も随時承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

サインハウスへ相談する 

LED RIBBON LEDヘッドライトバルブKIT のご購入情報

バイク・スクーター用LEDヘッドライトバルブ「LED RIBBON(エルリボン)」新バルブ対応、続々登場!

バイク用品の取扱店はこちら 

Scroll