【お知らせ】2018年東京・大阪モーターサイクルショー出展&臨時休業のお知らせ

2018 東京モーターサイクルショー出展1

東京

2018 東京モーターサイクルショー出展2

東京

2018 大阪モーターサイクルショー出展

大阪


この春登場のLambrettaスクーター、新型ビーコムSB6Xを体感!

サインハウスでは、グループ通話が誰でも簡単にできる「B+LINK」通話機能を搭載した最新モデル「B+COM SB6X」や、スマホやナビ・アクションカムをバイクに取付する「MOUNT SYSTEM」、 スマホ用防水充電システム「POWER SYSTEM 5V6A」、そして絶対的な明るさのバイク用LEDヘッドライト「LED RIBBON」を多数展示。 さらに、かつてベスパと人気を二分していたイタリアンスクーター「Lambretta(ランブレッタ)」をこの春より輸入販売を開始します。それに先駆け2018東京モーターサイクルショーで初お披露目します。 細部に渡り当時のディテールを再現したオシャレなデザインに拘りつつ最新技術で再設計された全く新しいシティコミューター、新ランブレッタスクーターを是非ご覧ください。

<展示内容>

●ランブレッタ

  ※東京MCショーのみの展示です。

東京MCS ランブレッタ
ランブレッタは、1971年にイタリアでの生産を最後に、インドでのライセンス生産のみ90年代まで行ってきたブランドです。モッズ愛好家やスキンヘッズの間では憧れの存在として生き続けてきたビンテージスクーター・ランブレッタが、当時のデザイン・ディテールを匠に再現しながら最新技術で再設計された新ランブレッタを日本で初めて展示致します。

23日(金)10:20よりプレスカンファレンスを行います
新型ランブレッタV50 Special・V125 Special・V200 Specialの発表を行いますので、報道関係者の方、またご来場の方、ぜひご覧ください。

撮影できるフォトブースを設置しました
会場のステージは、ランブレッタスクーターに跨って撮影が行えるフォトブースとしました。ステージプログラムの無い時間帯はご自由に撮影を行えますので、InstagramやTwitter、Facebookなどにご活用ください!

●B+COM

東京MCS B+COM
B+LINKでグループ通話が劇的にかんたんになった新型ビーコム、SB6Xを中心に展示致します。まだ実物を見ていない方、実際の通話の音、音楽の音などを確認できる機会とんなっております。また、会場ではスタッフが、ヘルメット取付方法なども実際のヘルメットを使って詳しく解説致しますので、是非ご活用ください。


ビーコムユーザー必見!
B+COMアップデートコーナーを設置!
ビーコムユーザー向けに会場の一角にビーコムアップデートコーナーを併設。 アップデート用のWindows10パソコンを3台用意しております。 SB6X、SB5X、SB4X/Liteをお使いのユーザー様は、ご自身でアップデートが可能です。
自宅ではアップデートできるPCが無い、自分でやってみたがうまくできない、自分ではやるのは難しそう、 という方はこの機会に是非ご利用ください。
もちろんコーナーにはスタッフが常駐しておりますので、安心してご利用頂けます。

●MOUNT SYSTEM

東京MCS MOUNT SYSTEM
今や、スマートフォンをナビ代わりにするライダーが大半を占めるようになってきました。自分のスマホが取付可能かと悩んでいる方は、実際に展示しているマウントに自分のスマホを取り付けて確認することが可能です。また、バイクへの装着方法などもスタッフが詳しくアドバイス致します。

●POWER SYSTEM

東京MCS POWER SYSTEM
スマホをナビ代わりにしたら電池が心配になりますね。POWER SYSTEM 5V6Aがあれば、バッテリー端子に接続するだけで簡単にスマホの充電・給電が可能です。シガーソケットよりも車体にスッキリ装着ができるケーブル構成となっており、実際の配線全体を確認することが可能となっております。

●LED RIBBON

東京MCS LED RIBBON
特許を取得したエル・リボン。その特長はLEDヘッドライトの配光の良さと絶対的な明るさです。本当の明るさは、光っているヘッドライト自体を見ることではありません。 車検でも同じように、本当の明るさや配光の良さはライトの光が照射される面にあります。エル・リボンコーナーでは、この照射面の配光の良さとノーマルランプとの照射面にあたる光の強さを壁面に照射させて見比べることが可能となっております。

●BITUBO

東京MCS BITUBO
日本で人気のネイキッドバイク、CB1300 SF/SB、ZRX1200DAEG、ZEPHYR1100専用に設計した新型フルアジャスタブルツインショックWMTをご覧頂けます。レースで使用されている最高峰モデルXXFを彷彿させる外観となっており、高いカスタム性とビチューボの高性能サスペンション技術が詰まった逸品となっています。

<俳優 大鶴義丹氏によるトークショー>

俳優であり作家であり監督であり、とマルチな才能が光る大鶴義丹がビーコムを使ったバイクライフについて熱いトークを繰り広げます。
※日時は下記<東京イベントスケジュール>をご参照ください。

大鶴義丹さん

大鶴義丹(おおつるぎたん)

俳優、小説家、映画監督
劇作家の父・唐十郎と舞台女優の母・季麗仙の間に生まれる。1984年よりTVドラマに出演、CXの『君の瞳に恋してる』で人気を博し、以降多くのテレビドラマに出演する。映画では『首都高トライアル』や『湾岸ミッドナイト』などカー・アクション映画に多く出演。自身が車好きであり、バイク好きでもあることからスタッフとしても映画に参加、『湾岸ミッドナイト』シリーズでは企画・原案も手がけている。1995年の『となりのボブ・マーリィ』で映画監督デビューを果たし、『前橋ヴィジュアル系』ではその才能を高く評価され、自身が思い入れの強い原作であることから企画・脚本・監督全てを務め全霊で取り組んだ『キリン』の上映は、バイク業界内外に強い衝撃を与えた出来事でもあった。近年の監督作には南相馬を舞台にした映画「裸のいとこ」が、TV出演にはNHKドラマ「ダークスーツ」など。小説家として「スプラッシュ」ですばる文学賞を受賞する一面、老舗バイク雑誌「RIDERS CLUB」(えい出版社)では独自の目線でバイク愛を語る人気連載コラムを受け持つなど、一般ライダーとの接点も深い著名人である。


<サインハウス 2018モーターサイクルショー詳細>


【 大阪モーターサイクルショー 】

開催日:2018年3月16日(金)〜3月18日(日)
開催地:インテックス大阪2号館
ブース番号:B-17
詳細:大阪モーターサイクルショーWEBサイト



【 東京モーターサイクルショー 】

開催日:2018年3月23日(金)〜3月25日(日)
開催地:東京ビッグサイト西2ホール
ブース番号:I-34
詳細:東京モーターサイクルショーWEBサイト

<東京イベントスケジュール>※日時・キャストは変更になる場合があります。

−3月23日(金)−
・ランブレッタ プレスカンファレンス
10:20〜

・多聞恵美MCプレゼンテーション
11:40〜(以降毎時40分〜計6回行います。)


−3月24日(土)−
・大鶴義丹トークショー
11:40〜、13:40〜、15:40〜

・多聞恵美MCプレゼンテーション
10:40〜(上記トークショー時間帯以外、毎時40分〜計5回行います。)


−3月25日(日)−
・大鶴義丹トークショー
11:40〜、13:40〜、15:40〜

・多聞恵美MCプレゼンテーション
10:40〜(上記トークショー時間帯以外、毎時40分〜計4回行います。)

<出展に伴う臨時休業について>

東京モーターサイクルショー出展のため、下記の通り、臨時休業とさせて頂きます。

【 臨時休業日 】
2018年3月23日(金)


尚、FAXでのお問い合わせ・ご注文は受信いたしております。
ご返答等は、翌営業日の3月26日(月)より順次対応させて頂きます。
ご迷惑をお掛けすることと存じますが、何卒ご了承下さいます様、宜しくお願い申し上げます。